有意義なことを書くブログ

どこかいくとき誰かのブログを読み漁ってます

ベビーカー選び オプティアACとアンブレッタとエアバギーとランフィと。

今年の猛暑は体にこたえたなぁ
涼しく(寒く?)なってきたのでお散歩にも出やすくなってきた
娘もゆっくりと確実に重たくなってきたのでそろそろベビーカーが欲しくなってくる

すでにベビーカーを使用している友達複数にヒアリングをし、目星をつける
しかも友達のエアバギー貸してもらえた!!

まずベビーカー全体の感想
百貨店やSCでレンタルできるので不要といえば不要
家からの出し入れがめんどいから不要
ab型買ったけどb型買ったわー
むむ、、、そもそも車で出かける派が多いから不要論が多いな。。

エアバギーの感想
3輪でがっちりしていて安定性・走行性はさすが。娘もよく寝てた。
まぁでかい。重い。車から家に運ぶのも一苦労。これはバギーで出かけたくなくなるわ。
でもバギーいいなぁって思ってしまうんよね。高級品だからかな。。
使わなくなって売る時も高値で取引されるらしいよ海外製は。
でもエアバギーとかベビーゼンヨーヨーとか大っきめのベビーカーをスーパーで見かけるとデカすぎて邪魔だな、私だったら他人のことが気になってメンタルがもたないな、と思ってしまいます笑

さてさて
アカホンでベビーカー探し。
最初に検討してたのは
エッグショックでおなじみコンビの最上位ベビーカー アンブレッタ

アンブレッタをみているとアップリカの最上位ベビーカー オプティアACもおすすめされ、比較することに。

ピジョンの最上位ベビーカー ランフィは候補に入って来ず。
シングルタイヤが特徴で走行性は良さそうだけどシングルタイヤは電車とホームの間にはまったり、安定性がないと考えたため今回はなしで。

※マルチハンドル、対面背面ダブルポジション、自立など最近のベビーカーに備わってる機能はどちらのベビーカーにも備わっているので比較のポイントには入れません。


◉重さ、大きさ
☆アンブレッタは6.9kg
★オプティアACは7.0kg
重さは大して変わらない。
アンブレッタは幌を全部閉めると存在感が半端ない。でかい。

◉走行性
どちらもダブルタイヤ
アンブレッタの方がタイヤが大きいから良かったな。と思ったけど押してる時に足が当たる、、。オプティアACは横幅が少しあるので足が当たらない。

◉デザインと見た目
☆アンブレッタは日焼けと雨風、ほこりから180度守ってくれる幌が特徴的
オームみたいだよね!
色もグレーやホワイトがあって素敵!好み!
ただ実物を見た印象は、、、フレームが安っぽい、と。
幌やデザインは素敵なんだけど、、、。

★オプティアACは、見た目は可もなく不可もなく。しかしハンドルを握るとギシギシ、と音が。
理由はタイヤとフレームのサスペンションが効いてクッションの役割を果たしているとのこと。
フレームの接続は溶接だから危なくないんだって。

◉快適性
★アンブレッタのシートはエッグショック
娘を実際に寝かせるとすっぽり収まりが非常に良い!おっきい子だと窮屈なくらいだと思った。
幌は前述の通り
覗き窓も三つくらいあって幌をしながらでもしっかり見れる、ただやりすぎ感はある
オプティアよりハイシートで押してる時に、娘が近く感じられてすごく良かった。

★オプティアACはシルキーエアーとマモールパッド
広々としたシートで、赤ちゃんの好きなバンザイ寝ができる。
シルキーエアーは熱を反射させて蒸れを発散させる優秀さ。
幌はほこり、花粉、風と多少の雨は防げる。
ハイシートではあるものの、走行中娘が遠く感じる。

◉細かい点 シートベルトとガードの装着のし易さ
チャイルドシートがコンビのものなんですが、コンビのシートベルトってめんどくさいと思っちゃうんですが私だけですか?
それと比べるとオプティアACはシートベルトもガードも着脱しやすかったと思います。

☆検討ポイント
①軽量であること、かさばらないこと
②娘が快適であること
③安くみえないこと を重視してみたけど。

なんだかデザイン以外アンブレッタを特別選ぶ理由がない、、、。
もともと幌がオームみたいで気になってましたが
実物をみたら、ここまで必要かなぁ?と思いました。

従来機のオプティアABとは機能は変わらずにデザインが変わっただけとのことでオプティアACより一万円近くお買い得になっています。

正直後継機の千鳥格子柄はあまり好みじゃない。笑
ただ従来機は水色や黄色で安っぽく見える、、、。笑
ということで
オプティアACのアガヴェグリーンを購入することに決めたのでした!